業務内容BUSINESS

足場とは建築工事において、高所作業における作業員の足掛かりのために、仮に組み立てた構造物の事です。

秀吉興業では、組立足場である「くさび足場」「枠組足場」「単管足場」をはじめ、構造物から吊り下げる形で組む「吊足場」も施工が可能です。

 

建物や周辺環境の状況や足場設置後の作業を考慮して、可能な限りコストと時間を低減できる作業をご提案しております。

この他にも、状況に応じて多種多様な相談を承っていますので、お気軽にお問い合わせください。


鳶工事一式工事請負

枠組足場

くさび足場で対応できない高層物にも対応できます。

鉄パイプを溶接した作った建枠をメインに、脚注ジョイント・ジャッキ型ベース金具・床付き布枠・筋交い・鋼製布板といった部材を組み合わせて作ります。

主に建設現場のビルの外壁面に沿って設置されます。

単管足場

単管と呼ばれる鉄パイプを組み合わせて建てる足場のことです。

柔軟に足場の形状を変化させることが出来るので、小規模な施工現場や狭いビル間での足場に用いられることが多いです。

一方、強度や安全面については他の足場と比較すると弱い部分もあり、高層の工事には適さないというデメリットがあります。

吊足場

鉄骨の梁などに吊り材を設置し、吊り下げた作業床を支えます。

橋梁やプラント等、足場を下から組み上げるのが困難な場所でも設置できるのが大きな特徴です。

くさび足場

多くの施工現場で利用されている足場です。

部材の接続部分に、「くさび」という金具をハンマーで打ち込んで組み立てます。

一定間隔で鉄パイプを支柱として立て、そこに水平材や斜材を固定して組み上げます。

様々な現場に対応できるうえに、中層・低層の建物であれば人力で組み立てることができるので、コストと時間を低減できます。

また、建物が複雑な形状をしている場合でも「小回りができる」という特徴があります。

その他業務

型枠一式工事請負、重量物運搬据付、住宅足場、構造物解体、鉄骨立て方、施工図設計